ゴーストハント5

書籍
04 /19 2021
今日の一冊は
小野不由美「ゴーストハント5」
もともとは少女向けのライトノベルだったものを、後年リライトし単行本で発行、そして昨年から文庫化で再販されていっているものだ。
とっつきにくいと思っていた1巻も後半には世界に没入でき、以後読み続けている。
表題の五巻は先月末に発売されて買ったものの、取り掛かるタイミングを逸し、ようやく今になって読み終えた。
今までとは怖さの質が違う。前半はよくあるミステリで進み、後半はホラーで急加速していく。

シリーズは7巻で終了、残りは夏に、6、7巻が同時発売される。これは楽しみだ。
IMG_8906.jpg
今日の帰りの電車で高齢者の会話が、声が大きいので聞くとなしに聞こえた。
スーパーの薬局の店員の態度が悪いので胸ぐらつかんで喧嘩して、店を出入り禁止になった、とか電車のドアスイッチを近くにいる学生にスイッチを押してもらうよう頼んだが拒否られて、喧嘩したとか、警察には何度も世話になってるとか、武勇伝のつもりなのか聞くに耐えない。
これもホラーであった。。
スポンサーサイト



防災ラジオ

日記
04 /18 2021
寝起きで、首が痛い。肩が痛い。それが頭痛の元にも。。
何日か周期であるので枕には気をつけている。何年か前にロフティーでアドバイザーに相談しながら買ったが、自宅のマットレスや布団の状態が違うのでさらに枕の下にタオルを入れて調整、こういうことは突き詰めてしまうときりがないのでほどほどにしてきたが、そろそろ何とか対応策を考えないと。
そう思ってさらに数年経過している。(要するにどうでもいいのかも)

この週末は町から無償貸与される防災ラジオの引き換え日だった。
あらかじめ郵送されてきた引換券を会場で渡し、現物と引き換え。町職員さんに丁寧な説明を受ける。
普通の放送も聴ける。緊急放送の時は大音量で情報受信、また定期的にも町からの放送があるようだ。
田舎の有線放送みたいだが、災害時には役立つことだろう。
IMG_8905.jpg
そういえば前回すこし触れた有田川町の祖父母の家。夕方の定刻に町からの放送があった記憶。
農業関係の情報か、不幸事の情報だったか身近なコミュニティーの放送だった気がする。NTT黒電話兼用で、突然ドミソドのジングルが鳴って始まった? 記憶も薄らいでいる。

鉄道とツバメ

日記
04 /17 2021
雨の土曜日。
先月下旬ころから最寄り駅構内でツバメを見るようになった。
無人駅でベンチと券売機があるだけの待合室で、毎年営巣、子育てにやってくる。
昨年に作られた巣のところは金網が張られてたり、外されてたり、また下に落ちないように棚板もつけられている。
しかし今春きた番いは古い巣を使わずに防犯カメラのところに巣作りしていた。
様子を観察すると、メスが巣で卵をあたため、オスが棚板の上で見張りをしているように見える。
IMG_8904.jpg
先週あたりはベンチがことごとくフンまみれになっていたのだが、誰かが綺麗に掃除してくれたようだ。

ツバメといえば、今はもうないが吉備町(現 有田川町)の母方の祖父母の家があり、広い玄関土間部屋があった。
そこに毎年のようにツバメが巣をつくりにきていた。大正生まれの祖母は「ツバクロ」と古い呼び名でよんでいたのを覚えている。みかん農家でよくコンテナが積まれていた。家の裏では米も作っていたし、明治生まれの祖父は趣味で大工もやっていた。あの時代の人は本当に器用だ。
田んぼの向こうには有田鉄道の鉄橋と山なみの風景。。
祖父母が他界し20年あまり、行く機会のなかった有田川町だが、ここ4年ほど前からこれほど通うことになるとは人生わからないものだ。。

ツバメから思わず回想してしまった。懐かしい。

燻製マヨネーズ

日記
04 /15 2021
スーパーで風変わりな?マヨネーズを見つけたので買ってみた。
IMG_8903.jpg
これはお酒のあてにかけるとグレードアップするやつだろう。
とはいえ、最近ほとんど飲まないけど。。
当然少し割高の価格設定だが、手軽に使えるのが便利だと思える。
買ったもののまだ封を切っていないので味の紹介は今回は見送り。
注意書きにはあくまでも燻製味で実際に燻製していないらしい。
さてどんな味だろう。。

さてここ最近、楽団で使う予定の楽譜手配などの作業が続く。
選曲が終わって楽譜の発注、到着後、蔵書印を押してスコア、パート譜に通し番号を振る。
次に楽譜自体に番号をつけて紙リストに情報を記載、あわせてデジタルデータに登録。
もし将来デジタルデータにトラブルがあっても紙リストがあれば何とかなるはず。
そうこうしているうちにあっという間にこんな時間になってしまった。
あともうひと作業あるが、明日明後日に繰り越そう。
それが終わって製本してやっと総譜に目を通せる。
時間がかかる。

迷ったら続編に

書籍
04 /13 2021
前回図書館で「かがみの孤城」と一緒に借りた、
「珈琲店タレーランの事件簿2」岡崎琢磨
IMG_8897.jpg
続編も女性バリスタ 切間美星の推理が冴える。
殺人事件はないものの、今回は後半は誘拐事件も起こるサスペンス、登場人物も新たに増える。
主要キャラの生い立ちも少し触れられるなど、展開が面白くなりそうだ。

図書館へ行って普段読まない作家の本をと思っても、分厚いハードカバーだと貸し出し期間の二週間で大丈夫かと不安、結局慣れた作家や、続編ものに行ってしまうことが多い。

このブログ記事にしてもそうだ。続き系はやりやすい。発展は見込めないが。
IMG_8898.jpg
というわけで今夕もいた、アオサギ。
にわか雨であまり飛びたくなかったのか数メートル羽ばたいて人間と距離を取るだけだ。
相変わらずスマフォ撮影なのでこの程度。

べーやん

奈良県寄りの和歌山県在住です